ブログトップ

単独行

kendream.exblog.jp

世界の山の単独紀行

君はイエッティに会ったか

君はイエッティに会ったか                 

イエッティとはヒマラヤに住むと雪男のこと。これまでに芳野満彦、今井道子などの著名な登山家にも目撃されている。夜、森の中、一人でいると現れると言われている。
2012年の秋、2度目のヒマラヤ・トレッキングにネパールへ遠征しました。 一ヶ月間でエベレスト周りの標高5500mクラスの3ヵ所のパス()を越えるハードな計画でした。 カトマンズよりヒマラヤの麓の登山基地ルクラまでは、通常、軽飛行機で移動するのですが視界不良で飛ばず、6日間かけて歩いて行きました。 そのお蔭か、高度順応がうまく行き、先ず、レジョンパスを越え、日本を出て2週間後にはチョラパスをも越える事ができました。


f0368742_12120755.jpg


レジョンパス

f0368742_12294287.jpg



               チョラパス
最後のコンマパスを目指して、ゾングラの山小屋サイトに着いた時は、午後
4時を回っていました。しかし、5軒ほどの山小屋はすべて満員、頼み込んで食堂に泊まる手も有ったのですが、まだ明るかったので2時間ほど先のトクラまで行ってみることにしました。これは2度目、と言う安心感で気が緩み、午後3時以降は行動しないという山の鉄則を犯した大きな過ちでした。進むに連れてガスが下りてきて日没も重なり、真っ暗になってしまったのです。トレールは細くなり、気づくとトクラへの分岐を見逃したようで、小さな沢に出会い、沢を越えた所、ヘッドランプの明かりでは全く踏み跡を捉えること出来なくなっていました。 漆黒の闇の中を1時間、必死に踏み跡を探し、歩き回りましたが、全くルートの手掛かりは得られませんでした。チラチラと雪も降って来、そこでビバークして朝を待つ決断をしました。 寝袋は有るものの、ツエルトもシュラーフカバーも無く、酸素濃度が地表の半分の4500m地点での露営でしたが、比較的暖かく、いつの間にか空も晴れ上がり、満天降るような星空を眺めながら楽しく、朝を待つ事ができました。寝袋に潜り、息苦しさで1時間に一回起きて、深呼吸をしてはウトウトとしていたが、外をカサコソ歩く足音で目を覚まされました。こんな所に鹿でも居るのかなと思いましたがそのまま、寝込み朝を迎えました。起きてみれば難なくルートが見つかり、トクラへは一時間。小屋に飛び込み、冷えきった体をストーブで温め、食事を出してもらって一息ついた所で、小屋の主人が真面目な顔で聞いてきました「君はイエッティに会ったか」、と。


f0368742_12344810.jpg

エベレスト


[PR]
by kenkaminaga | 2017-03-21 12:36 | トレッキング